カードローンやキャッシングを比較してみます

カードローンもキャッシングも大きな違いはありません



カードローンも
●クレジットカードの
●銀行のカードローンを

今までの私の経験では、カードローンもキャッシングも大きな違いはありません。どちらも大きな金額を借りるのには向いていませんが、いざという時の資金を調達するときにはとても便利です。例えば、クレジットカードはだれもが使っているものですが、お金を使いすぎて口座に残高が用意できないということがたまにあります。そんな時に、カードローンを1枚持っていると、インターネットの会員サイトから簡単に口座への振込み手続きをすませられ、その日のうちに口座に反映されます。あるいは、給料日前にお金が足りなくなったけど、飲み会に誘われたという時などに、キャッシングで数万円を借りるという使い方も私はよくお世話になっています。キャッシングは日割り計算なので、数日後に給料が出たらすぐに返済をすれば、利息はほとんどかかりません。カードローンを比較するときは、自分の使い方に合ったものを選ぶことが大切です。よく、金利ランキングのサイトなどを見て選ぶ人がいますが、それはあまりおすすめしません。なぜなら、カードローン で重要なのは金利だけではないからです。例えば、私のように給料日前に数万円を借りて、数日後に給料が出たらすぐに返済するのであれば、利息はほとんどかかりません。金利14%の銀行カードローンと金利18%の消費者金融では、4%の金利の差がありますが、数万円を数日借りただけでは4%の金利差は100円にも満たないでしょう。この場合に重要なのは、手数料が無料であるということです。私が利用している消費者金融は、近くに専用ATMがあるので、借り入れでも返済でも手数料はかかりません。もちろん、金利が低くて手数料が無料ならばそれが一番良いでしょう。


おまとめローン比較ハックス
カードローン比較
TOP